学資保険と生命保険

学資保険(こども保険)は生命保険の一種です。学資保険を取り扱うのが生命保険会社であることからも気付かれるとは思いますが、それでは、学資保険と生命保険、違いは一体どんなところにあるのでしょう。

学資保険の主な目的は、子供の将来にわたる『教育費の貯蓄』と万が一の入院や怪我に対する『医療保障』のふたつです。対して生命保険は『残された家族の生活費の貯蓄』と病気、怪我の療養に備えた『医療保障』が柱になっています。『医療保障』は入院、治療、通院等の、病気や怪我を負った際に備える保険ですから、保険会社、商品ごとに多少の違いはあれど根本的に『生きるための保険』としては同じものと考えてよいでしょう。したがって、学資保険と生命保険の大きな違いは『貯蓄の目的』にあると言えます。

生命保険では、保険契約者が死亡した後、遺族や受取人と定めた人に保険料に応じた金額の保険金を残すことが目的です。あなたが保険契約者であれば、あなたの死後、あなたの遺族が生活するための生活費を残すことが目的となります。

学資保険(こども保険)では、こどもの成長に合わせ、節目節目で必要となる教育費を貯蓄していくことが目的です。入園、入学の時期に必要となる金額を、保険料に応じ受け取れるよう準備していくことが目的となります。
学資保険とはつまり、こどものための教育費を計画的に貯蓄していくことを主な目的とした、医療保障付き積み立て保険と考えることが出来るのです。

学資保険(こども保険)の医療保障部分は生命保険の怪我や病気に対する保障でまかなえますし、子供の教育費など自分たちでちゃんと蓄えてやれるという方には、はっきり言って、学資保険は不要なものかもしれません。最近では、「孫のために」と、おじいさんおばあさんが、学資保険を契約するケースが多いのもこのためかもしれません。学資保険のメリット、デメリットを正しく理解したうえで、こどもの将来への備えをしておきたいものです。

学資保険と医療費

学資保険は生命保険の中の一種で、子供の教育のための学資の積立である『貯蓄』に加えて、子供の怪我や病気に対する『医療保障』の二つの目的から成り立っている保険が主流です。学資保険の子供の医療保障はどの程度必要なのか、考えてみたいと思います。

学資保険に限らず保険を選ぶ際に、その保険の保障内容があなたの求めるものであるのか、言い換えると「必要な保険」であるのかが無駄のない十分な保険を選ぶポイントです。学資保険の医療保障はどうでしょうか?

医療費の保障については、子供が万一、病気やケガで入院した場合には、お住まいの市町村などの各自治体がその費用を負担してくれる「乳幼児医療費助成制度」があります。しかし、現在のところ、ほとんどの自治体が子供の小学校入学までを対象範囲としています。まだ未成熟な子供の場合、その年代に特有の病気もあり、急な入院も心配事の一つです。また、成長するにつれ、活発に動き回るようになると思わぬ大ケガをすることもあるでしょう。小学校入学時からこそ安心できる医療保障が求められます。
学資保険で子供の医療保障を得ておくことは、医療費助成対象年齢を考えると、大変効率的であると言えると思います。

学資保険にこの医療保障の付いてない商品もあります。また、医療保障の範囲を限定することで、払い込む保険料を減らしたり、満期時の学資金を多くしている保険もあります。これらについては保険会社、もしくは保険商品ごとに異なりますので、加入検討の際は資料をよく読み、できれば取り扱い保険会社に確認を取られることをおすすめします。

学資保険と教育費

学資保険の目的である、子供の教育費は一体いくら用意しておけばよいのでしょうか。一般的な統計となりますが、子供が生まれ、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学とストレートに進学したとします。塾や習い事も考慮に入れます。
進学時の入園入学金、準備に掛かる費用、授業料等の合計は、すべて公立の場合で約一千万円、私立学校で文系の場合で学資は約二千万円、私立理系の場合の教育費はなんと約二千五百万円にものぼると言われています。子供が一人ならこの程度ですが、二人以上になると・・・。兄弟、姉妹で与えられる教育の機会に差が生じるのは、親としてなんとも寂しい限りです。

子供の将来を思えば少しでも良い環境で教育を受けさせたいと考えるのは、親なら当然の事でしょう。しかし、この教育費が家計に重い負担としてのしかかってくるのも事実なのです。

学資保険は生命保険の一種で、『貯蓄性保険』もしくは『貯蓄型保険』という種類の保険で、保険満期には『満期保険金』が受け取れ、進学時には『祝い金』として保険金が受け取れる仕組みになっています。『満期保険金』『祝い金』の金額は学資保険の商品ごと、さらには掛け金によっても異なりますので、学資保険の比較検討の際には子供の将来を見据え、計画的に貯蓄できる学資保険を選ぶ必要があるのです。

学資保険は、子供の教育費を計画的に貯蓄するための『仕組み』のひとつと考えることもできます。子供の教育費を貯蓄する方法は学資保険だけではありません。学資保険は親の都合で子供の夢、将来を限定してしまわないための、そして子供の望む教育を与えるために必要な学資を貯蓄するための方法のひとつなのです。

学資保険とは

学資保険(子供保険)は、主に子供の成長に合わせて必ず必要になる教育費などを貯蓄するための保険です。また、子供が万一ケガや病気で入院した場合に給付金が支払われるタイプ(貯蓄+医療保障タイプ)の学資保険(子供保険)もあります。

学資保険は子供が誕生したときから、子供の将来のことを考えて、幼稚園入園、小学校、中学校、高校、大学と子供の進学に合わせて必要な受験費、入学金、授業料などを積立、貯蓄しておくことを目的とした保険なのです。子供が自ら「学びたい」という希望を抱いたときに、金銭的理由から親が子供の夢・希望を断念させてしまうことのないようにしたいというのが、親としての最低限の希望ではないでしょうか。

学資保険の加入中に、万が一両親がなくなるようなことがあっても、その後の保険料の支払いは無く、学資給付金は支払いがなされますので、学資保険で子供の教育費を準備しておくことは決して無駄にはなりません。

学資保険に限らず、保険全般が保険の自由化の元、保険会社によって保障内容がさまざまです。学資保険だけ見ても、加入期間、満期、保障内容、お祝い金、一時金などじつに様々な学資保険が、各保険会社ごとに用意されています。学資保険加入に際しては、資料請求してよく内容を確認してからにしましょう。ほとんどの場合、資料請求、学資保険相談は無料となっています。「しつこい営業があるんじゃないか」という心配はあるかもしれませんが、子供の将来のためです。
それくらいのこと、軽くいなしてやりましょう。それでもと言う方には、インターネットでの相談なども有効です。検索窓に『学資保険』と入力して検索すれば、多くの学資保険についてのサイトが検索できます。

学資保険はしっかりと比較検討し、内容を熟知して計画的に貯蓄できる内容で加入するようにしましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。