郵便局のかんぽの学資保険

郵便局のかんぽの学資保険を紹介します。
かんぽの学資保険では、契約の種類ごとに定められた加入できる期間中であれば、いつ契約しても高校進学時(15歳満期)、大学進学時(18歳満期)、独立時(22歳満期)に合わせて学資金等の準備ができます。契約の種類も種類は高校進学コース(15歳満期)、大学進学コース(18歳満期)、大学進学コースで中学進学時(12歳)高校進学時(15歳)に生存保険金が出るコース、大学進学コースで大学進学時(18歳)20歳時に生存保険金が出るコースの4種類が用意されており、子供の将来の教育計画にあわせて学資保険を選ぶことができるのです。この加入期間という仕組みが、かんぽの学資保険の大きな特徴だといえるでしょう。

かんぽの学資保険でも、保険契約者が契約途中で死亡した際には、もちろんその後の保険料の払い込みは不要です。また生存保険金付18歳満期学資保険では、中学校進学時(12歳)及び高校進学時(15歳)に契約している保険金額(基準保険金額)の10%が生存保険金として受け取れます。また、生存保険金付22歳満期学資保険では、大学進学時(18歳)に基準保険金額の60%、20歳時に基準保険金額の20%の生存保険金を受け取ることができます。

かんぽの学資保険では、基本契約に災害特約と入院特約といった特約を付帯することで、万が一の子供の怪我や病気に対する保障も可能です。注意事項としては被保険者(子供)の加入年齢の計算満期日、そして加入年齢、保険期間、性別等により、払い込まれる保険料の総額よりも、支払われる生存保険金額及び満期保険金額の総額が少ない場合があるということが挙げられます。かんぽの学資保険の加入検討の際には、郵便局の窓口やセールスパーソンからのしっかりした内容説明を受けられることをお勧めします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。