学資保険と生命保険

学資保険(こども保険)は生命保険の一種です。学資保険を取り扱うのが生命保険会社であることからも気付かれるとは思いますが、それでは、学資保険と生命保険、違いは一体どんなところにあるのでしょう。

学資保険の主な目的は、子供の将来にわたる『教育費の貯蓄』と万が一の入院や怪我に対する『医療保障』のふたつです。対して生命保険は『残された家族の生活費の貯蓄』と病気、怪我の療養に備えた『医療保障』が柱になっています。『医療保障』は入院、治療、通院等の、病気や怪我を負った際に備える保険ですから、保険会社、商品ごとに多少の違いはあれど根本的に『生きるための保険』としては同じものと考えてよいでしょう。したがって、学資保険と生命保険の大きな違いは『貯蓄の目的』にあると言えます。

生命保険では、保険契約者が死亡した後、遺族や受取人と定めた人に保険料に応じた金額の保険金を残すことが目的です。あなたが保険契約者であれば、あなたの死後、あなたの遺族が生活するための生活費を残すことが目的となります。

学資保険(こども保険)では、こどもの成長に合わせ、節目節目で必要となる教育費を貯蓄していくことが目的です。入園、入学の時期に必要となる金額を、保険料に応じ受け取れるよう準備していくことが目的となります。
学資保険とはつまり、こどものための教育費を計画的に貯蓄していくことを主な目的とした、医療保障付き積み立て保険と考えることが出来るのです。

学資保険(こども保険)の医療保障部分は生命保険の怪我や病気に対する保障でまかなえますし、子供の教育費など自分たちでちゃんと蓄えてやれるという方には、はっきり言って、学資保険は不要なものかもしれません。最近では、「孫のために」と、おじいさんおばあさんが、学資保険を契約するケースが多いのもこのためかもしれません。学資保険のメリット、デメリットを正しく理解したうえで、こどもの将来への備えをしておきたいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。